高校生パティシエ日本一を決める「第11回貝印スイーツ甲子園」

高校生パティシエの日本一を決めるコンテスト「第11回貝印スイーツ甲子園」決勝大会を9月16日(日)に東京調理製菓専門学校(東京都新宿区)にて開催いたしました。

 

 

全国の応募総数226チームから、優勝慶誠高等学校(熊本県)の「educate」チーム、「貝印賞」を太成学院大学高等学校(大阪府)の「ミラクルGirls」チーム、特別賞の「関根勤賞」を優勝と同じく慶誠高等学校(熊本県)の「educate」チームに決定いたしました。

 

 

今回の優勝チームには、副賞として毎年恒例のパリ研修旅行が与えられる他、全国のローソンで発売予定のスイーツのオリジナルレシピを共同開発いたします。決勝大会の模様は、貝印スイーツ甲子園公式サイトにて公開しています。

 

 

 

ファイナルプレゼンテーション
調理試験後のファイナルプレゼンテーションでは今回、「貝印スイーツ甲子園絆サポーター」に就任いただいたタレント・関根勤さんや、決勝大会審査員でパティシエの鎧塚俊彦シェフ(Toshi Yoroizuka)、永井紀之シェフ(Pâtisserie Noliette)、友人、先生らを前に、各チーム3分の持ち時間で作品の特徴や熱い想いをしっかりとアピールしていただきました。

 

 

「第11回貝印スイーツ甲子園」決勝大会 開催概要
◇日時  2018年9月16日(日) 10:30~17:00
◇場所     東京調理製菓専門学校(東京都新宿区西新宿7丁目11−11)
◇審査員       鎧塚俊彦シェフ/Toshi Yoroizuka  永井紀之シェフ/Pâtisserie Noliette
◇特別審査員  関根勤さん

貝印スイーツ甲子園公式サイト: http://www.kai-group.com/fun/koushien/top.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP