蒲田ならではの“町工場”を感じるホテル「 ホテル オリエンタルエクスプレス 東京蒲田 」を本日4月19日(金)開業!

東京・大田区 10社以上の“町工場”と共創した新しいホテル滞在のカタチ「ホテル オリエンタルエクスプレス 東京蒲田」本日4月19日(金)オープン!

洗練された日本の伝統美、蒲田ならではの下町の雰囲気・文化を体験!

ホテル運営会社である株式会社ホテルマネージメントジャパン(本社 東京都渋谷区 代表取締役 東 俊三)は、本日4月19日、東京 蒲田に「 ホテル オリエンタルエクスプレス 東京蒲田 」を開業します。

ホテル オリエンタルエクスプレス 東京蒲田 」は、「蒲田ならではの町工場を感じるホテル」、町工場やそこで働くクラフトマンの『体験価値を持つホテル』をコンセプトとしています。10社以上の地元の町工場とコラボレーションし、実際に使用していた製造機械や工業製品をはじめ、熟練した町工場の加工技術を活用したスタイリッシュなプロダクトなどを館内随所に配置するほか、クラフトマンのライフスタイルを体験できる機会を様々ご用意しています。

さらに、あらゆる旅先、観光スポットで楽しめるオーディオガイドアプリ「ON THE TRIP」と、このたび公式連携。本アプリの活用により、館内に展示するプロダクトなどについてその場で理解を深めることができるため、ホテル滞在の楽しみ方がより一層広がります。まるで小さな美術館のような本ホテルで、洗練された手仕事の美しさ、「蒲田」 ならではの雰囲気や文化を心ゆくまでお楽しみください。

 

 

エントラント




展示工業機械

 

展示工業機械

https://tokyokamata.hotelorientalexpress.com/

■ 地域に染まる、町工場とクラフトマンの『体験価値を持つホテル』3つの体験

(体験1)町工場の手仕事「日本の伝統美」を堪能

(体験2)大田区文化を肌で感じる。蒲田のローカル体験

(体験3)町工場のクラフトマンシップに触れる。大田区の食体験

「ON THE TRIP」とは・・

神社やお寺などの文化財、各地の絶景やカルチャーまで、さまざまな旅先の理解をその場で深める、GPS連動のスマートフォン向けオーディオガイドアプリ。英語、中国語、広東語、日本語の4カ国語に対応。

< 地域に染まる、町工場とクラフトマンの『体験価値を持つホテル』3つの体験 >

  • (体験1)町工場の手仕事「日本の伝統美」を堪能

実際に町工場で使用していた機械や、工業製品などをホテルエントランスロビーに展示し、日本の高度技術が生まれた過程や作っているクラフトマンのこだわりに触れていただきます。また、ホテルの内装・インテリアは町工場とコラボレーション。熟練した町工場の加工技術で成形したスタイリッシュな館内サインをはじめ、客室のヘッドボード・内装仕上げには針葉樹合板、ロビー天井や廊下には主に屋外に用いるエキスバンドメタルやガルバリウム鋼板など、通常使用しない工業素材をふんだんに取り入れております。

さらに、オーディオガイドアプリ「ON THE TRIP」を活用し、館内の見所をご案内します。展示プロダクトに根付く物語、秘められたこだわりなどを4カ国の音声でお伝えし、本ホテルでしかできない体験をお楽しみいただくことができます

 

パイプハンガー

 

パイプハンガー

 

ヘッドボード

 

ヘッドボード

 

工業素材を活用した内装例

 

工業素材を活用した内装例

  • (体験2)大田区文化を肌で感じる。蒲田のローカル体験

空陸ともに好アクセス、東京の玄関口の大田区蒲田は、観光やビジネスはもちろん、ひとり旅や女子旅にも最適な環境がそろっています。大田区内には、「蒲田温泉」をはじめ黒湯といわれる温泉が点在。また、昭和のはじめから工場で働く労働者向けの大衆的な飲食店が多く営業し、蒲田駅周辺には下町の風情を残した店が軒を連ねています。本ホテルは、そうした魅力溢れる大田区を、大田区観光情報センター、大田観光協会、大田工業連合会青年部連絡協議会と連携を図りアピールします。また「ON THE TRIP」でも、大田区の見どころを“まるっと”体験できるツアーや、英語対応可能な銭湯、居酒屋やバーといった蒲田駅周辺のローカル情報などをご案内します。

  • (体験3)町工場のクラフトマンシップに触れる。大田区の食体験

 

 

町工場のクラフトマンがかつて食べたであろう「お弁当」。本ホテルの朝食ブッフェでは、クラフトマンの食事をイメージした、お弁当スタイルの食体験をお楽しみいただけます。過去に海苔の一大産地として栄えた大田区には、今も海苔問屋が多く残り、こだわりの海苔店が集っています。「お弁当」では、そんな大田区の海苔をおにぎりやのり弁にしてお召し上がりいただけます。またお飲み物には、創業90年の蒲田の老舗茶屋『蒲南茶荘』がオリジナル比率で丁寧にブレンドした、深蒸し茶「紫水」をご用意。“おおたの逸品”にも認定される「紫水」は茶商も驚く味わい。その厳選された日本茶をお弁当と共にお召し上がりいただきます。またこのお弁当と日本茶は、客室にお持ちいただきお部屋でゆっくりとお召し上がりいただくことも可能です。伝統の町工場スタイルを体験することで、町工場の雰囲気を感じながらクラフトマンシップ溢れる奥深い世界をお楽しみください。

  • 【 館内のご案内 】

●パブリックスペース

「高度技術のジャパンメイド製品の起源は町工場にあり」

ものづくりの街で働くクラフトマンが製作したサインや意匠が館内のいたるところを彩り、通常仕上げ材では使われない素材を空間の主要素として前面に押し出しています。

 

 

・エントランス展示

エントランスロビーでは、町工場で実際に使用していた製造機械や生産されている工業製品、製造過程を写した工場写真などを展示し、実際にご覧いただくことができます。

 

・エレベーターホール

階数サインは階数ごとに異なるデザイン、異なる素材で表現。

廊下の壁面には、屋外に使用されることが多い素材「ガルバリウム鋼板」を使用し、町工場の雰囲気を醸し出します。

【 町工場で製作した館内サイン(一例) 】

 

製作:秦信製作所・望月塗工製作所

 

政策:泰信製作所・望月塗工

政策:泰信製作所・望月塗工製作所

 

製作:マサオプレス・浩伸技研

 

製作:マサオプレス・浩伸技研

 

製作:平川製作所・浩伸技研

 

製作:平川製作所・浩伸技研

 

 

・レストラン
レストランの中央に配する大テーブル。その頭上には、日本で鉄板の折り加工ができる最大サイズ「6m」長さの照明が迫力。

●客室

 

 

・ツインルーム

お部屋では、好きな音楽や映画館のような映像体験をお楽しみいただけるよう全室BluetoothのスピーカーとAppleTVを完備しています。
自分流のスタイルでゆっくりとしたプライベートタイムをお楽しみいただけます。

【 ホテル概要 】

名称     ホテル オリエンタルエクスプレス 東京蒲田

開業日    2019年4月19日(金)

URL     https://tokyokamata.hotelorientalexpress.com/

所在地    〒144-0035 東京都大田区南蒲田1-3-15

電話番号       03-3733-5511

施設規模   地上6階

客室数    158室(シングル36室、ダブル32室、ツイン78室、トリプル11室、ユニバーサル1室)

レストラン  エクスプレスカフェ(宿泊者限定) 朝食6:30~10:00 カフェ10:00~24:00

アクセス   京浜急行線「京急蒲田」駅東口より徒歩3分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP