神戸ポートピアホテル「鹿児島 大海酒造とトランテアンのマリア―ジュ ~海からの贈りもの~vol.2」を開催

パリコレで初めて焼酎ブースを作った焼酎屋ふたたび!「鹿児島 大海酒造とトランテアンのマリア―ジュ」~海からの贈りもの vol.2~

神戸ポートピアホテルは2019年7月31日(水)に、フレンチレストラン「トランテアン」にて「鹿児島 大海酒造とトランテアンのマリア―ジュ ~海からの贈りもの~vol.2」を開催いたします。2018年5月に初開催し、パリコレクションで日本の焼酎メーカーとして初めて焼酎ブースを作った焼酎屋とフレンチシェフのコラボレーションは大変ご好評をいただきました。今回ふたたび、こだわりの大海酒造芋焼酎とトランテアンのマリア―ジュをお愉しみいただけます。

 

 

(左) 鹿児島県鹿屋市に広がる芋畑   (右)パロコレ初の大海酒造焼酎ブース

神戸ポートピアホテル (神戸市中央区、総支配人 伊藤 剛)は2019年7月31日(水)に、フレンチレストラン「トランテアン」にて「鹿児島 大海酒造とトランテアンのマリア―ジュ ~海からの贈りもの~ vol.2」を開催いたします。

2018年5月に初開催し、焼酎とフレンチのコラボレーションとして大変ご好評をいただきましたイベントの第2弾です。鹿児島県鹿屋市(かのやし)の大海酒造は、地元の生産者の方々と芋づくりから徹底的にこだわる個性的な焼酎メーカーで、鹿児島の土壌で丁寧に作られた芋焼酎は「焼酎のブルゴーニュ」と言われるほどの繊細な舌触りと香りの良さが人気です。2012年、パリのオートクチュールコレクションで日本の焼酎メーカーとして初の焼酎ブースを作り、テレビ番組「ガイアの夜明け」で取り上げられ話題となりました。

今回、「世界の焼酎屋」として二十余回になる渡仏でフランスを中心に日本の焼酎を世界へ広める活動をされている大海酒販株式会社代表取締役の山下正博氏を迎え、「トランテアン」のシェフ政岡とふたたびコラボレーションが実現の運びとなりました。鹿児島の海と大地が育んだ「海からの贈りもの」と洗練の極み「トランテアン」のマリア―ジュをお愉しみいただけます。当日は鹿児島の焼酎が当たる抽選会も開催いたします。




「世界の焼酎屋」山下正博氏

 

「世界の焼酎屋」山下正博氏

詳細は下記のとおりです。

名称:   「鹿児島 大海酒造とトランテアンのマリア―ジュ ~海からの贈りもの~ vol.2」

開催日時: 2019年7月31日(水) 7:00p.m.~9:30p.m.(受付6:30p.m.~)

場所:   本館31F フレンチレストラン「トランテアン」

料金:   ¥15,000 ※オーバルポイント会員さま/ホームページよりお申込みの方は¥14,000

※料理、焼酎、税・サービス料込

協力:   大海酒造株式会社、のんちゃん倶楽部 (神戸・三宮)

ご予約・お問い合わせ:

フレンチレストラン 「トランテアン」TEL078-303-5201 (直通)

 

株式会社神戸ポートピアホテル

URL https://www.portopia.co.jp/





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP