グルメ王国”台湾”が選ぶ炒飯の絶対王者「⺠⽣炒飯」が横浜中華街に9⽉8⽇(⽇)グランドOPEN!

グルメ王国”台湾”が選ぶ炒飯の絶対王者「⺠⽣炒飯」が横浜中華街に初上陸!

グランドオープンは9⽉8⽇( ⽇) グルメランキングで堂々1位。本場の台湾⼈を虜にするその味とは。

 

 

2019年はタピオカが⼤流⾏するなど、観光地としてもグルメとしても⽇本⼈から⼈気の⾼い「台湾」
そんな台湾でNo.1の炒飯屋として名⾼い「⺠⽣炒飯」は、台湾グルメランキング調査でも堂々の⼀位を獲得したグルメ⼤国「台湾」の⼈々を唸らせる絶品の味。訪れる観光客も⼀度は⾷べてみたいと⾜を運ぶ⼈気店として各⽅⾯で取り上げられています。そんな「⺠⽣炒飯」が遂に9⽉8⽇(⽇)、横浜中華街にグランドOPENする事となりました。]

 

 

そんな⺠⽣炒飯は1984年創業。店内には、わずか2卓だけ。初めて訪れる⽅は必ず迷うか通り過ぎてしまうほど。夫婦⼆⼈三脚、炒飯⼀筋で営んできた⾮常に⼩さなお店でありながら、店主の作るその味に⼈々は魅了され続けてきました。
⺠⽣炒飯のチャーハンは、硬めに炊かれたごはんを中華鍋で強めの⽕⼒で⼀気に煽るように作るため、お⽶は⼀粒⼀粒が独⽴しており、外側はこんがりとして⾹ばしく、お⽶をかみしめるとお⽶はもちもち。具材はシンプルな味付けのみで本来の旨さを引き⽴て、絶妙にご飯と絡まります。まさに店主の⾼い技術が光る⾄⾼の⼀品となっております。



 

 

 

■⺠⽣炒飯横浜中華街店オススメメニュー
⽜⾁炒飯(ニョウロウチャオファン)

 

 

⽜⾁と空芯菜を使った「⽜⾁炒飯」は、⺠⽣炒飯横浜中華街店に⾏った際にはぜひ試していただきたいチャーハンです。台湾独特の味付けと⽜⾁、そして⽇本⼈にも馴染みのある空芯菜を使ったシャキシャキの触感は⼀度⾷べたらきっと癖になります。

蝦仁炒飯(シャーレンチャオファン)

 

 

台湾では蝦仁飯という台南発祥の名物グルメがあるのですが、台湾ではエビとご飯の組み合わせが定番の⼀つでもあります。その為、⺠⽣炒飯台湾店では⼤⼈気メニューとなっています。エビを贅沢に使⽤し、本場台湾の味付けによる絶品炒飯をぜひご賞味ください。

 

 

【民生炒飯横浜中華街店】

営業時間 / (平日)11:00~15:00

(土日祝)11:00~16:00

定休日 / 火曜、水曜 (祝祭日は営業致します)

住所 / 〒231-0023 神奈川県横浜市中区⼭下町1268

TEL / 080-3126-2746

アクセス / みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩5分



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP