日本橋「ブルックリン・ブルワリー」フラッグシップ店「B(ビー)」2020年2月1日(土)よりオープン!

世界初※!「ブルックリン・ブルワリー」フラッグシップ店「B(ビー)」詳細決定!

~ブランド体験の場からビールの新スタイル・シーンの発信~

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、米国の代表的なクラフトビールメーカーであるブルックリン・ブルワリー社(米国ニューヨーク、CEO Eric Ottaway/President Robin Ottaway)のフラッグシップ店「B(ビー)」を2020年2月1日(土)よりオープンします。

※「ブルックリン・ブルワリー」ブランドの常設店舗として

「ブルックリン・ブルワリー」のフラッグシップ店は世界初の出店となり、今回日本橋兜町にブランド体験の場を創出し、新たな形で「ブルックリン・ブルワリー」の世界観や価値観を発信していきます。「B」では、ブランドの基幹商品に加え、ここでしか飲めない直輸入ビールやオリジナルビアカクテルなど多種多様なビールをお楽しみいただけます。さらにコンスタントに変わるアートや音楽といった店内のコンテンツは、ブルックリンの風を感じながらも、「B」ならではのユニークさをもち、足を運ぶ度にその姿を変える魅力的な空間を演出しています。

ここでしか体験することが出来ないブランドの魅力を感じていただき、「ブルックリン・ブルワリー」ブランドのファンになっていただくとともに、日本橋兜町の活性化に向けオープンします。
「ブルックリン・ブルワリー」はビールの新スタイル・シーンの提案をし、ビール市場の多様性や可能性を広げ、さらなるビール市場の魅力化を推進します。

 




ショップ概要

提供メニュー:下記はメニューの一部となります。季節限定品による入れ替えや新たな商品の追加を予定しています。

<ドリンク>☆:期間限定品 ★:「B」オリジナルビアカクテル

①『ブルックリンラガー』:ニューヨークNo.1クラフトブルワリーが誇る王道ラガー。

②『ブルックリンソラチエース』:北海道空知郡オリジンのホップの香りが個性的なセゾン。柑橘の明るい香りが特長。

③『ブルックリンディフェンダーIPA』:トロピカルな香りとしっかりとした苦味が楽しめる、遊び心たっぷりなトロピカルな香りのIPA。

④『ブルックリンベルエアサワー』:フルーツやスイーツとも相性の良い、爽やかな酸味が特長のサワーエール。

⑤☆『ブルックリンサマーエール』:ブルックリンの夏を感じられる、明るく華やかな香りと夏にぴったりな爽快感が特長のペールエール。

⑥☆『ブルックリンウィンターラガー』:冬季限定のダークラガー。コクがありチョコレートを思わせるノートに、ドライな後味。

⑦☆『ブルックリンロゼデヴィル』:ラズベリー由来のエレガントな酸味やスウィートな味わいを楽しめるサワーエール。

⑧★『Organic Ginger & Mint』:「ブルックリンソラチエース」、有機ジンジャー、オレンジ、レモンシロップ、ミントが原材料。ジンジャーとミントがソラチエースの華やかな香りを引き立たせたビアカクテル。

⑨★『Organic Framboise & Basil』:「ブルックリンベルエアサワー」、フランボワーズ、ストロベリー、白ワイン、カリブシロップ、バジルが原材料。「ブルックリンベルエサワー」とフランボワーズの酸味が融合した、フルーティーで爽やかなビアカクテル。

※売価は未定

 

 

<フード・スイーツ>下記はメニューの一部となります。期間限定商品による入れ替えや新たな商品の追加を予定しています。

ニューヨーカーに人気の本格的なメキシカンタコスを中心に、各ビールとの相性などを考えた、さまざまなメニューを予定しています。‘多様性を包む’タコスの種類は、チキン、ビーフ、ポークなどに加え、ビーガンメニューなども予定しています。

 

 

■グッズ販売

「B」でしか買えないオリジナルグッズなども販売を予定しています。

■店内コンテンツ 

下記は「ブルックリン・ブルワリー」ブランドとしてのグラフィック事例の一部となります。
多様な著名アーティストとのコラボレーション作品(グラフィック、音楽)など、ブルックリンの洗練された感性や創造性とともに、「B」ならではのユニークさを感じていただけるコンテンツを予定しています。またビアセミナーや多様なイベントの開催など、鑑賞にとどまらない情報発信をしていきます。

 

 

■ショップ情報

「ブルックリン・ブルワリー」フラッグシップ店「B(ビー)」の概要につい

1.店名:「B(ビー)」

2. 開業:2020年2月1日(土)

3.場所:東京都中央区日本橋兜町3-5 「K5」 地下1階

4. 営業時間:16:00~23:00 年中無休(変更の可能性あり)

5.席数:120席

6.内容:

●「ブルックリンラガー」、「ブルックリンディフェンダーIPA」などの「ブルックリン・ブルワリー」ブランドの基幹商品の販売

●米国ブルックリン・ブルワリー社から直輸入するバラエティー商品の販売

●オリジナルグッズ販売

●店内コンテンツ(音楽、グラフィック、イベント等)の展開

7.店舗  URL:http://www.brooklynbrewery.jp/(左記ブランドサイト内へ1月下旬に情報公開予定)

キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP