沖縄那覇「国際通りのれん街」2月1日グランドオープン!地下1階、1階4エリア32店舗全てを紹介!!

沖縄那覇「国際通りのれん街」2月1日グランドオープン!地下1階、1階4エリア32店舗全てを紹介!!

10/23、1階「那覇市場」がシークレットオープン。12/16には「国際通り横丁」開店に伴い、第1期オープンした国際通りのれん街。2020年2月1日、地下含め全4エリア32店舗のグランドオープン!!

既に1階の「国際通り横丁』は、沖縄の飲食時間を変えたと思われる程の22時~翌3時までの客入りが良く賑わいを見せます。

特に週末となると、家族連れ、旅行者、仲間グループ、外国人等々色々なお客様で通路は人が行き交うのも大変なほど。
「那覇市場」も好調で、観光客を中心に沖縄ならではのステーキや海鮮、その場で材料を購入し焼肉を楽しめるイートインスペースなどが外国の方には、「BBQ」と楽しんでいる様子がうかがえます。

そして新たに、地下の「琉球横丁」「沖縄元祖ラーメン横丁」に14店舗を配置し益々パワーアップ!!

それでは、各店の紹介です。

<<琉球横丁>>

 

 

1)焼肉オリオン

牧場出身のオーナーがこだわりの仕入れで石垣牛、美崎牛を提供してます。豊富なラインナップも自慢ですが、サイドメニューにも自信があります!




 

2)でんすけ商店

沖縄のせんべろ酒場が国際通りのれん街に登場!

なんでも揃い、且つちょっと他では見られない、ひと工夫された料理の数々は虜になりそう。

 

本田商店

 

本田商店

3)本田商店(沖縄初出店)

スタイリッシュ焼鳥なのにリーズナブル!

一本一本丁寧に串打ちし、一本ー本丁寧に焼き上げた物だから、味に自信あり。

サイドメニューもただの焼鳥屋ではないラインナップです。

4)BAR217(沖縄初出店・新店舗)

いろんなハイボールが楽しめるハイボールバー。

5)カラオケBAR「スナック訳あり」(沖縄初出店)

昭和の歌謡曲が流れる酒場で食べ飲みしたら、カラオケに行きたくなる…。そんな欲望を叶える場所が「スナック訳あり」。オーナーが日々飲みの場でやる飲み会芸、宴会芸を、初めて同志のお客様でも楽しみながら遊び、仲良くなるお店。

 

浜焼き(○上水産)

 

浜焼き(○上水産)

6)琉球 海味焼 ○上水産(沖縄初出店)

(リュウキュウ ウミヤキ マルジョウスイサン)

貝や魚介の浜焼きを中心とし、豪快な鮪の断面刺し身、美容強壮鶏白湯おでん、焼きてびちなど様々な居酒屋料理が揃う。

 

 

7)大衆馬肉酒場 馬王(沖縄初出店)

馬刺しをメインに、その他専門店ならではの一品料理が焼酎と共に楽しめます。

高タンパク、低カロリー、鉄分やミネラルが豊富な馬肉を気軽に低価格で提供してます。

オススメはテイクアウトもできる「名物 馬すじカレー」!!

 

アガリコ餃子楼

 

アガリコ餃子楼

8)アガリコ餃子楼(沖縄初出店)(3月オープン予定)

肉汁たっぷりの餃子と点心を中心にした中華タパスとオリジナルワインを楽しめる東京ではいつも満席で人気の餃子バル!

オリジナルで他では食べられない中華をお楽しみ頂けます!

9)クラフトビール しまねこ(沖縄初出店・新店舗)

国外・沖縄産を中心に8タップのクラフトビールを500円から、提供するバーカウンター16席のお店です。

猫にちなんだツマミなどをご用意してます!

◎◎◎◎ 沖縄元祖ラーメン横丁 ◎◎◎◎

 

沖縄元祖ラーメン横丁

 

沖縄元祖ラーメン横丁

 

ビーガン担々麺(ソラノイロ)

 

ビーガン担々麺(ソラノイロ)

 

ベジソバ(ソラノイロ)

 

ベジソバ(ソラノイロ)

●ソラノイロ(沖縄初出店)

ミシュランガイド東京で3年連続ビブグルマンに輝いた「ソラノイロ」が沖縄初上陸。

ギルトフリーでヘルシーな「ベジソバ」をメインに、中華そば、ヴィーガン担々麺など

東京で人気のラーメンがそのまま沖縄で食べられます!

 

琉球豚骨ラーメン「島豚ヌードルズ」

(沖縄初出店・新店舗)

ソラノイロ宮崎氏が、自社のラーメンとは全く異なる切り口で創り上げたプロデュース店舗。「島豚」をテーマにした豚骨ラーメン店。

「クリア豚骨」は今、東京で密かなブーム豚骨清湯系、「クリーミー豚骨」は一風堂で修行した宮崎氏が作る王道豚骨系、「辛口豚骨」は自家製ラー油と山椒が決め手の刺激系。味変もできる「和え玉」も是非試して欲しい!

琉球とろ肉そば(沖縄初出店・新店舗)

沖縄そばの再構築をコンセプトに天然の鶏ガラ100%と沖縄の塩スープ。伝統的な沖縄そばの味をベースに、全く新しい沖縄の価値を表現しています。そのほか、名物!極厚出汁巻きポーク卵おにぎりも魅力!

真武咲弥(沖縄初出店)

13種類の食材から吟醸された秘伝の味噌に豚骨スープ。炙って仕上げる野菜とニンニクが良い感じで、心地よい香ばしさを与える味わいは、しっかりしながらもさっぱりと、また食べたくなる味わいです。

山頭火(沖縄初出店)

改良を重ねて、重ねてたどり着いた豚骨白湯スープは、最後の一滴まで美味しく飲める、まろやかでやさしい味。
北海道旭川市の名物。新メニューも取り揃えて新たにスタートします!

****那覇市長をお迎えしてのオープニングイベント開催!!****

日 時:2020年 2月1日(土)

10時~    テープカット

10時15分~  エイサー

10時30分~  T-シャツ配布

 

オープニングオリジナルT-シャツ

 

オープニングオリジナルT-シャツ

オープニングイベントの一つ、特典付きのオリジナルT-シャツを先着500名にプレゼント!!

今回のT-シャツは、沖縄ストリートシーンに、最も欠かせぬ存在となり、数々のアーティストとコラボしている『THE BROOK FIELDS GRAPHIC DESIGN SERVISE』に特別にデザインして頂いたもの。今後販売する予定なので、是非この機会に手に入れたい!!

 

 

既に1期オープンを迎えた「国際通り横丁」11店舗と「那覇市場」7店舗。

 

琉球横丁

 

琉球横丁

**** 施設・プロジェクト企画詳細情報 ****

施設名:国際通りのれん街 

住 所:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志2-2-30
1F・B1F

事業主:株式会社スパイスワークスホールディングス

デザイン会社:株式会社アンドスパイス

床面積:約1,000坪

H.P:https://www.kokusaidori-norengai.com

スパイスワークスホールディングスとは
飲食店を全国に38業態、97店舗、1宿泊施設を展開する他、 食の集合業態の内装・施工・業態プロデュース等、
実績を年200 件以上持ち、街や建物を活性化しております。食に関わること全てをワンストップでできる数少ない会社です。

「マイナーな食材をメジャーに、メジャーを定番に」「陳腐化した業態の再生・復興」をモットーに、飲食業界で
社会的に意味あることを創出することが、私たちのあるべき姿と思い日々運営しております。
今まで、渋谷肉横丁を始め、聖蹟桜ヶ丘ミートセンター、横浜のハマ横丁、のれん街(姫路・ほぼ新宿・東京大塚・歌舞伎町)など食の集合体の企画(時に全体の内装デザインのみ)・運営を『10施設』手掛け、街の活性化再生に仲間と共に努めて参りました。

2018年にグループ会社12社を取りまとめホールディングス化。現在グループ会社は23社に。

創 業 :2006 年 5 月

代表取締役社長:下遠野 亘



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP