【東京・町田】食パン専門店「マチダベッカリー」オープン初日、開店前に160人以上のお客様で長い行列が!

アイワ広告株式会社

2月1日に町田駅前にオープンした食パン専門店「マチダベッカリー」。オープン初日、11時のオープンに合わせて160人以上のお客様が行列を。途切れることなく13時30分には全ての商品が売り切れてしまいました。

 

 

オープン初日2月1日(土)の行列風景

 

平日の行列風景

 

平日の行列風景

  • 連日大行列の生食パン専門店

オープン初日と2日目は土日ということもありましたが、平日も40人以上のお客様がオープン前に行列を作っています。11時からのオープンで、連日全ての商品が2~3時間で完売。14時過ぎには閉店という状況が続いています。

お客様からは、「他のお店の食パンとは味も食感も違う」「一度ここの食パンを食べると他のところのは食べられなくなる」というありがたい声をいただいています。その一方、「せっかく並んだのにお目当てのパンを買えなかった」というお叱りも受け、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

マチダベッカリーのパンは、製造工程に17時間かけています。一本一本を手間暇かけて丁寧に作る生食パン。「パン以上、ケーキ未満。®」のコンセプトを形にするため、どうしても大量生産ができません。ご理解ください。

  • ゆめちからと天然酵母のコラボレーション

 

 

マチダベッカリーのパンは、北海道十勝産の超強力粉「ゆめちから」を使用しています。しかも、単一品種では取り扱いが難しいとされているところを、3年かけて製品化しました。

例えば、「ゆめちからもちもち生食パン」は、天然酵母を使用。完成までに17時間をかけて、もちもちとした食感と風味を生み出しています。パティシエが丹精込めて作るケーキのように、手間暇かけた特別なパンで、毎日の食卓を贅沢に彩りたいと願っています。

  • マチダベッカリーのパンには保存料は一切使用していません

マチダベッカリーでは添加物や保存料を使っていません。さらに、マーガリン、ショートニングも不使用。パンの風味を最大限に楽しんで頂けるよう素材にこだわった結果です。
そのため、消費期限は3日間となっております。

そのまま食べても美味しい生食パン。しかし、パンに美味しい素材を加えれば、さらに美味しくなります。そこで、ゆめちからに合う素材を厳選。パンと一緒に焼き上げたら、どこにもない絶品生食パンが出来上がりました。

  • マチダベッカリーのその他の人気商品

・もちもちしっとり全粒粉生食パン(レギュラー商品)

 

 

ゆめちからの胚芽・表皮には、ミネラル、食物繊維、鉄分、ビタミンB1が豊富に含まれています。そのゆめちからの栄養素をすべて残すために、胚芽、表皮まで粉にしました。

栄養素以外にこだわったのは、食感。マチダベッカリーの全粒粉生食パンは、しっとりもっちりとした食感に仕上がっています。ゆめちからのすべての栄養素と美味しさがぎっしり詰まった「全粒粉生食パン」です。

・レーズン生食パン

 

 

どこを切ってもレーズンがたっぷり詰まった贅沢な生食パン。ゆめちから100%で焼き上げた生食パンのもちもち食感と、レーズンの旨味が同時に楽しめます。

 

 

  • 店舗情報

マチダベッカリー

オープン日:2020年2月1日(土)

・営業時間:11:00~20:30目安(パンが無くなり次第終了)

・定休日:火曜日(祝日営業)(2月4日(火曜)、11日(祝日)は営業)

・住所: 〒194-0013  東京都町田市原町田6丁目10-19 アロービル1F

・メニュー

ゆめちからもちもち生食パン2斤(880円+税(8%))

ゆめちから全粒粉食パン 2斤(760円+税(8%))

レーズン食パン(980円+税(8%))

他 季節限定商品や食べ歩き商品あり

・店舗HPhttps://machida-bakkery.com/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP