三菱一号館美術館 Café 1894「開館10周年記念 画家が見たこども展」タイアップメニューをご用意。

三菱一号館美術館内にあるミュージアムカフェ・バー「Café 1894」(東京・丸の内)では、「開館10周年記念 画家が見たこども展―ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン」(会期:2020年2月15日(土)~6月7日(日))の会期中限定で、展覧会にちなんだランチ、デザートをご用意いたします。

 

 

 

■タイアップランチ『夢のお子さまランチ』 (コーヒーor紅茶つき)

販売価格: 2,200円(税込)/販売時間:11:00~14:00

♪ワンプレートランチwithデザート♪

★ビーツのポタージュ

★有頭ブラックタイガーのカダイフ巻き レムラードソース

★ハンバーグステーキと半熟タマゴ ポルトソース<

★サフランライス

★ベーコンとオニオンのキッシュ ~キッシュロレーヌ~

★ジベルニーのガーデンサラダ

★キャラメルプリン

「さあ、こどもに戻ろう」とポスターのキャッチコピーで謳っているように、「画家が見たこども展」は、大人が子どもの頃を思い出すような絵画が並ぶ展覧会です。そんな展覧会のタイアップメニューにはズバリ『お子さまランチ』が満を持して登場します!これまでも通常のランチメニューでご好評頂いていたワンプレートランチを『大人が食べたいお子さまランチ』に仕上げました。春らしい色合いを意識したサラダから、パン粉の替りにパスタを使用した“変わりエビフライ”、赤ワインを煮詰めたほろ苦いポルトソースをかけたハンバーグステーキにサフランライスと、大人だからこそ楽しめる味覚を童心に返ったような感覚でお楽しみください。

 

 

■タイアップデザート 「春色の小さなパンケーキ」

モーリス・ドニ作品の色合いをイメージしたタイアップデザートの中心には、パンケーキオレンジカラメル、チョコソース。桜色のプレートにオレンジのコンポート、クルミのカラメリゼ、生チョコレート、生クリームと苺にピスタチオを散りばめて、ラムレーズンのアイスクリームを添えました。チョコレートやクリームの甘さとフルーツの酸味がパンケーキによく似合います。重厚な空間のCafé1894で、テーブルに運ばれてきた時の見た目と味覚でフワッと春を感じて頂きたい一品です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP