疲れた心を“穏やか”にするデザートSAKE!天山の麓で平均年齢27歳のメンバーで造りあげた「re:echo CALMER(リエコー カルメ)」を11月22日(月)から新発売!

ちょっとした贅沢なひと時をあなたへ

天山酒造株式会社の平均年齢27歳の若手メンバーによるプロジェクト「プロジェクト麓27」から、日々の仕事などで疲れた心を癒すデザート酒「re:echo CAMER(リエコー カルメ)」を11月22日(月)から新発売致します。

佐賀県の天山酒造株式会社から、日々を彩るちょっとした贅沢・疲れた心を”穏やか”にする「re:echo CALMER(リエコー カルメ)」が11月22日(月)から発売開始致します。

  • 若手プロジェクト「プロジェクト麓27」とは

天山酒造では2019年より新たにスタートしたプロジェクトとして、天山酒造の杜氏(酒造りの最高責任者)である後藤から「モノづくりの楽しさや難しさ、やりがい」を体験してほしいという想いから始まり、製造から販売までを弊社の若手メンバーを中心にして行う「プロジェクト麓27」を発足致しました。

営業・製造・製品・総務の40歳未満の若手社員で知恵を出し合い、私たちの想いが詰まった「re:echo」という新しい商品を造り上げました。

  • |「re:echo」という名前に込めた想い

2019年に私たち若手メンバーで造り上げた「re:echo」というお酒の名前はメンバーで考えた造語であり
「re」には「relax」や「refresh」などの意味を込め「re:echo」を飲んで一日の疲れを癒し元気になってほしい。
「echo」には「響く」という元々の意味があり「私たち造り手の想いが皆様に響いてほしい」「日本酒の面白さをもっと響かせたい」という想いを込め、2つを合体させ「re:echo」という名前をつけました。

初代reecho

初代reecho

  • 今回デザートsakeを製造したきっかけ

メンバー内にて3期目の製造計画の会議の際に2期目に製造したワイン酵母仕込みの「re:echo 2020」のように、今までの日本酒に+αできないかと模索しており、その中でプロジェクトメンバー内での話し合いの中で今まで「re:echo」で造ってきたお酒はどれも「食中酒」であり、食後に「ほっ」とひと息つくような甘く美味しい「食後酒」にチャレンジしました。

  • 「re:echo CALMER」の意味

「CALMER」とは、フランス語にて「穏やかにする」という意味があり、飲む人に寄り添い、心を穏やかにするお酒になってほしいという想いを込めて付けました。また、アルコール度数が12%と軽めでありその2つを掛けています。

  • 商品スペック

●容量:500ml

●原料米 全量 山田錦(佐賀県産)
●酸度  2.7
●日本酒度  -26
●アルコール度数  12度
●香りタイプ 多少の熟成香・熟した
●味わい特徴
口に含んだ際に、濃厚にひろがる甘みとほのかな酸味が特徴。低アルコールながらも長く続く余韻があり、食後の1杯やハイカカオのチョコレートやスイーツなどと相性バッチリです。
●販売先

天山酒造の特約店
●シーン

週末 金曜日の夕食後に好きな映画を観ながら、好きな音楽を聴きながら、自分の時間を楽しむ夜のお供に

 

  • 天山酒造について

 

天山酒造はもともと酒蔵の前を流れる祇園川の水力を利用して製粉・製麺業を営んでいた七田利三・ツキ夫婦が明治8年(1875年)に酒造業を始めました。いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくという意味がある「不易流行」の考えをモットーに酒造りを行っております。
住所:佐賀県小城市小城町岩蔵1520
TEL:0952-73-3141
FAX:0952-72-7695
HP:https://www.tenzan.co.jp/main/
Facebook:https://www.facebook.com/tenzan.sake
Instagram:https://www.instagram.com/tenzan_sake/?hl=ja



◎お歳暮特集!

 

◎クリスマス特集!

 

◎スイーツお取り寄せ特集!

◎国内旅行特集!

 

 

◎えんせん(¥専)お取り寄せグルメ.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP